環境を味方につけろ、意志の力だけでは習慣は変えられない

意志の力だけでは習慣は変えられない

ブログを書き続けている中でここ一週間は、意志の力だけで習慣は変えられない、ということを実感した週でした。

スポンサーリンク

毎日書こうと決めたブログでしたが、仕事が忙しくなり、ネタに困るようになり、師匠への報告も滞り、記事を書こうとしても集中できない・・・といった悪循環に陥ってしまいました。
理由はわかりませんが、何かを習慣化しようとしたときは必ず同じような現象に遭遇します。

かなり前から、この点についてはすっきりしたいと思っていました。

そうした時出会ったのがこの本です。
本屋さんで小一時間手中して立ち読みしました。が、この本も一度読んだだけでは理解できそうもありませんでしたので購入です。

トリガー 自分を変えるコーチングの極意

著者はマーシャルゴールドスミスさんという超有名なエグゼクティブコーチです。

行動を変えようとするときは、意志の力だけで変えることはできない。
環境がトリガーとなって私たちの行動を変えようとすることを阻んでいるから・・・

環境が、強く潜行して、不思議な形で私たちに影響を与えるからです。

セルフコーチングへとつながる6つの質問

この本も立ち読みで一気に読んでしまいました。
セルフコーチングとして使えるのが6つの質問(日課の質問)です。

日課の質問

1.私は明確な目標を設定するために、今日最大限努力したか?
2.私は今日、目標に向かって進歩するよう最大限努力したか?
3.私は今日、人生の意義を見つけるために最大限努力したか?
4.幸せになるために、私は今日最大限努力したか?
5.ポジティブな関係を構築しようと、最大限努力したか?
6.できる限りエンゲージできるよう、今日最大限努力したか?

この質問を毎日自分に行い➡10点満点で点数をつけていくだけで変化が得られるというものです。

この質問の肝は「今日最大限努力したか?」という問いかけが自分自身の変化を促進するようです。
自分自身やってみないとわかりませんので当分やってみたいと思います。

コーチは腹に落とすとレベルが上がる2つの図

私が一番感銘を受けたのが2つの図でした。
20160417_135614615_iOS20160417_135624054_iOS

この図をきっちり理解することでコーチとしてのスキルは格段に上がると思ったんです。

まだ理解してません(笑)
そのうちきっちり説明できるようになりたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする