デビットボウイとリンゼイケンプが教えてくれたセルフイメージを変える重要性

渋谷陽一とデビット・ボウイ「ロックンロールの自殺者/ Rock ‘N’ Roll Suicide」

デビット・ボウイ氏が1月10日に亡くなられた。享年69歳とのこと。
デビットボウイを知ったのは高校生のころ、FMを聴いていて・・・・

もう30年以上前、ロッキング・オンの編集長である渋谷陽一氏がFMで「一番かっこいい曲」として紹介してくれたのがデビットボウイ氏の「ロックンロールの自殺者/ Rock ‘N’ Roll Suicide」という曲だった。
ジギースターダストというアルバムの最後の曲だ。

2012年にリマスター版が発売されていて音質はこちらがかなり良いとのこと。
大学生のとき、このアルバム(ジギースターダスト)を友人に紹介したところ、いたく感激し、私の音楽選曲に対して褒められまくったのを今でも思い出す。

デビット・ボウイのセルフイメージを一新したリンゼイ・ケンプ

デビットボウイも売れない時期があったとき、 前衛パントマイムの開祖リンゼイケンプによって髪の色を染めるなどして、デビットボウイの魅力を引き出されたという話も昔聞いて、セルフイメージっていうのが個人に与える影響のすごさを知ったきっかけにもなりました。
それ以来、リンゼイケンプは私にとっても師匠になりました。
スピリット・ダンシング リンゼイ・ケンプの世界 という本に載ってます。
自分も人の人生にインパクトを与える貢献ができるようになりたい、と思うようになったきっかけだったことを思い出しました。さっきまですっかり忘れてましたが(笑)
その想いが今も変わっていないのを再確認できてしまいびっくりです。知らないうちにいろんな人から影響を受けているようです。

デビットボウイのことを詳しく書いている記事を検索してみました。
カムの心身一如というブログの中で詳しく書かれていましたのでデビットボウイについてより知りたい方は読んでみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする