NHKラジオ英語実践より簡単かも、英作文練習になる【実践2日目】

NHKのラジオの英語講座よりも簡単かもしれない

30日で英語が話せるマルチリンガルメソッドという本の読書会に参加してきて、実際に30日間やってみた結果を見たくて実践してます。
NHKのラジオの英語講座よりも簡単かもしれないと思いました。というか、ゲームをこなす感じが私にとっては楽しいかも!英作文練習もできるマルチリンガルメソッド実践2日目です。

スポンサーリンク

実践2日目

今日は2日目です。

2日目なので、まだ実践するのは新鮮なので実践するのがうれしいです。
2日目といっても、本は3日目~9日目までのエクササイズとなっています。

今日はこんな感じでした。

ワーク1 10分音声を聞いたことを英語で書き出す

今回2回目
同じ音声を再度聞き直して、聞こえてくる音声を書きなぐった。
時間は7分➡10分に伸ばしてみた。

iPhoneのタイマーを10分にして、本についていたダウンロード先から入手した音声を再生開始した。
そんなに早いスピードでしゃべられているわけではないのだが、単語を書き出していると、音声はどんどん先に行ってしまい、すべてを書き出すということはちょっと無理
欲張ると結果がでませんね(笑)

結果にこだわると結果が出ない

紙に直接ボールペンで書いていたのだが、手に力が入って早く書けない。たくさん書こうとして、かえって緊張してしまったようで・・・
指がすごく疲れてしまいました。

途中単語の綴りがあっているか、下記ながら聞こえてくる単語を覚えておかなければ・・・といった頭の中の声が聞こえてくるにつれて、聞き取った単語は忘れ去られてしまう悪循環に入ってしまった。

10分書きとった単語数は159語、でした。

350語でクリアです。半分以下でした。
スポンサーリンク

ワーク2 5個の名詞、形容詞、動詞をピックアップして15分間文章を作り続ける

本に基本600語というのが付いていて、その中から
名詞を5語、形容詞を5語、動詞を5語 ピックアップ
この言葉を使って15分間ひたすら文章を作る➡できた文章の数と単語数を計測する

限られた時間が集中力を増してくれた

限られた単語で文章を作ってみる練習だ。これもタイムトライアルで限られた時間の中で文章を出力するもので、集中力が必要となる。
これも、タイマーで計測しながら書いてみた。
英語の文章、20年くらい書いたことがないので、めちゃくちゃな文章になってしまった。文法も忘れてしまっているし・・・
いい加減に単語と単語をつなげていった。それでも書いている手は止まりがち。
それにしても、タイムトライアルでやると、集中力が付くのがよくわかる。

ゾーンに入れ

昔、バスケットボールをやっていたので、時間制限の中で何かをやるというのは身体に染みついているのが今頃になって蘇ってきて、結構快感だったりするのが不思議

当時は、試合中にゾーンという何をやってもうまくいく状態に入ることもできたが、このワークも続けているとそれに近い気分を味わえそう、な気がした。

だけどこの10分は長かった。

結果は45文作成 192語だった。
クリアは15分で300語以上だって!

3DSのゲーム始めたみたいな気分で終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする